対戦風景

第10回スマブラDXバトルロードMelee 結果

総評

第10回スマバトDX Meleeが開催されました。
年明け1月17日〜19日にアメリカ合衆国で開催されるスマブラシリーズ最大の世界大会「Apex 2014」と連携し、シード資格権を得られる「Apex Qualifier」イベントとなった今回のスマバトMeleeは、Apex参加を控えるプレイヤーにとっては、シード権を得るのに必要なベスト8入りに特別な意味のある大会となりました。

さて、今回のイベントではスマブラDX界隈の歴史の中でも比較的後期に現れたプレイヤーの目覚ましい活躍を見ることができました。
長年弱キャラだと見なされてきたヨッシーの限界を超える目覚ましい努力を続け、今や世界一のヨッシー使いである仙台の強豪aMSaの優勝、スマバトMeleeシリーズ初入賞となったPLやtohyo、K.Fやこうのとりを大会で初めて破ったルドルフなど、後発プレイヤーの進撃を見ることができました。
約1ヶ月前の終点大会の決勝戦でも、aMSaとPLの試合があり、その際にはPLが勝利を収めましたが、今回はaMSaがリベンジを果たし、優勝となりました。

aMSaは今大会、予選も含めて、全試合中負けたのはルドルフ戦・蒼天戦で1セットずつと、合計でも2セットしか負けなかったようです。
また、Bクラストーナメントでもヨッシー使いのプラタが1位となり、ヨッシーの圧倒的な可能性を見せつけられた今大会でした。

昨今のスマバトシリーズでは、後発プレイヤーには古参勢にレベルが追い付いてきている場面を良く見ることができるようになってきましたが、今後も古参・後発勢に関わらずどんどんレベルの高い戦いが繰り広げられるようになっていって欲しいと心から思います。
今回、筆者は早々に負けてしまったため、敗退後は実況に専念させて頂きましたが、息を呑む展開が非常に多く、とても楽しく実況をすることができました。
ApexQualifierの影響で海外勢も配信を見に来ていたようです。興奮のあまり少々騒がしかった配信にお越しいただいた方々、会場でご静聴いただいた方々、ありがとうございました。

簡単なものになりましたが、以上で今大会の総評とさせて頂きます。

総評:こうのとり (入賞者プレイヤー解説掲載の有無は未定です)




Bクラスベスト2。一人は2m級の巨人です

Bクラス決勝戦。プラタさんを応援する2人のヨッシー使い。こんなに使い手が増えるとは。



順位

Aクラス16名、Bクラス17名の合計33名がイベントに参加しました。
(見学者を含めた参加者一覧(当日の飛び入り参加者を除く))

Aクラス

順位 プレイヤー名
優勝 aMSa
準優勝 PL
3位 蒼天
4位 tohyo
5位
(Best6)
K.F ルドルフ
7位
(Best8)
TANI すてら
9位
(Best12)
ケイ ソバメシ こうのとり コト
13位
(Best16)
だーよし ア・エモノ まこりん よろz

Bクラス

順位 プレイヤー名
1位プラタ
2位おとこ
3位(Best4) ヨップル ムスサ
5位(Best8) ぷりぷり ジェット きの カルパ
9位(Best16) しぐま 空のカウボーイ シェイク スタン
つけもん nemutan すぎ てっそ
17位(Best17) 茶封拳      

予選・本戦結果

今大会は、予選リーグを3回開催しました。
この予選の結果に応じて本選トーナメントのクラス、及び開始位置を決定しました。
その後本選トーナメントを開催し、その結果により順位を決定しました。

本選トーナメントはAクラスがダブルエリミネーション方式、Bクラスがシングルエリミネーション方式です。

詳細なルールについてはこちらを参照ください。

予選結果


本選トーナメント: Aクラストーナメント



クリックで100%表示します。



本選トーナメント: Bクラストーナメント



クリックで100%表示します。


動画

暫くお待ち下さい。


[2014.01.08]   by  こうのとり @関西スマブラ会