大会風景

第2回スマブラXバトルロード


スマバトX

本大会は無事終了いたしました。沢山のご参加、ありがとうございました!
なお、次回のスマバトの日程はまだ未定です。
詳細が決まり次第こちらのページを更新させていただきます。


予選リーグ結果

勝者側トーナメント


敗者側トーナメント


【上位対戦動画】

勝者側準決勝第1試合1本目 9B(アイスクライマー) vs ながはり(ディディー)
勝者側準決勝第1試合2本目 9B(アイスクライマー) vs ながはり(ディディー)

勝者側準決勝第2試合1本目 頑張らない(ファルコ) vs あーす(ピット)
勝者側準決勝第2試合2本目 頑張らない(ファルコ) vs あーす(ピット)

敗者側準決勝1本目 ながはり(ディディー) vs hiko(スネーク)
敗者側準決勝2本目 ながはり(ディディー) vs hiko(スネーク)
敗者側準決勝3本目 ながはり(ディディー) vs hiko(スネーク)

勝者側決勝1本目 9B(アイスクライマー) vs 頑張らない(スネーク)
勝者側決勝2本目 9B(デデデ) vs 頑張らない(スネーク)

敗者側決勝1本目 9B(アイスクライマー) vs hiko(スネーク)
敗者側決勝2本目 9B(アイスクライマー) vs hiko(スネーク)
敗者側決勝3本目 9B(アイスクライマー) vs hiko(スネーク)

最終決戦1本目 9B(アイスクライマー) vs 頑張らない(スネーク)
最終決戦2本目 9B(アイスクライマー) vs 頑張らない(スネーク)

4位:ながはり
3位:hiko
2位:9B
1位:頑張らない








ポケモンブラック・ホワイトとも発売日が重なり参加者が若干減るかとも懸念された第2回スマバトXだが、
関東や中部からも遠征者が訪れ今回も誰が勝つか分からない戦いが繰り広げられた。

予選リーグは前回シードのプレイヤーに加え遠征者を加えた危険なブロックや
1位候補と思われていたプレイヤーが順位を落としたり、
知る限りでは初の4つ巴も発生したりと白熱していた。

本選トーナメントも波乱含みで進んでいった。
前回ベスト4の4人も早々に姿を消したり、身内同士の潰し合いが発生したり…

そんな中優勝を決めたのは頑張らない(ファルコ、スネーク)。
ある程度の周期でメインキャラが変わっているがそれら全てでトップクラスの強さを見せるプレイヤー。
本大会では予選から決勝まで1度も負けることなく文字通り「完全優勝」を果たした。
拒否能力の高さと相手をよく見る様子見の上手さ、
そして自分の実力に驕ることなく知識も貪欲に身に付け勝つべくした勝ったというところである。

準優勝は9B(アイクラ、デデデ、メタナイト)。
掴みの読み合いを強気に続けて掴んで投げ殺すといういつもどおりのスタイルで勝ち進んだ。
アイクラ使いも板に付いてきておりキャラ対策面も以前よりも進化し、安定感が増している。
決勝までは不利キャラも破りつつ進んできたが決勝では一方的に処刑されてしまったため、
頑張らないというプレイヤーに対しての対策が課題になりそうだ。

3位はhiko(スネーク、マルス)。
元関西勢で現在仕事で北九州に転勤しているスネーク使い。
社会人になってからはスマブラをプレイできる時間が若干減っていたが、
DX時代から積み重ねてきたスマブラの経験値と対策、読み合いの理解度の高さで入賞を決めた。
今回の大会では自他ともに認める操作精度の悪さもなく、ガード解除振り向き上強やDAといった動作が
リターンを得られる場面できっちりできているのも好印象だ。

4位はながはり(ディディー)。
夜勤明けで予選に出られず本選は最下位のポジションからスタートしたが、
持ち前の安定した立ち回りとバナナを絡めた高火力で上り詰めた。
因縁の対決とも言える対hiko戦では惜敗を喫してしまったが今後の展開も見逃せない。
個人的には練習を重ねているバナナ連にも期待したいところである。

今回は上位8名のうち4名がスネークという結果に終わった。
また前回のベスト4も順位を下げておりランキングの上位はまだまだ荒れ模様。
ランキングの下位からでも十分に上を狙えるという状態であり、予測不能だ。
次回もどんな戦いが見られるのか非常に楽しみである。


次回のスマバトXの開催日は未定ですが、決まり次第連絡します。
皆様の参加をお待ちしております。

総評 9B



質問などありましたらこちらまでどうぞ。



[2010.09.22] by 9B@関西スマブラ会