大会風景

第3回スマブラXバトルロード


スマバトX

本大会は無事終了いたしました。沢山のご参加、ありがとうございました!
次回、第4回スマバトXの開催日は12月4日(土)です。
参加募集は11月中旬までには開始する予定です。


予選リーグ結果

勝者側トーナメント


敗者側トーナメント


決勝


【上位対戦動画】

勝者側準決勝第1試合1本目 シン(フォックス) vs 要塞(メタナイト)
勝者側準決勝第1試合2本目 シン(フォックス) vs 要塞(メタナイト)

勝者側準決勝第2試合1本目 9B(アイスクライマー) vs おおとり(メタナイト)
勝者側準決勝第2試合2本目 9B(アイスクライマー) vs おおとり(メタナイト)
勝者側準決勝第2試合3本目 9B(アイスクライマー) vs おおとり(メタナイト)

敗者側準決勝1本目 ながはり(ディディー) vs みやっち(アイスクライマー)
敗者側準決勝2本目 ながはり(ディディー) vs みやっち(アイスクライマー)
敗者側準決勝3本目 ながはり(ディディー) vs みやっち(アイスクライマー)

勝者側決勝1本目 9B(アイスクライマー) vs シン(フォックス)
勝者側決勝2本目 9B(アイスクライマー) vs シン(フォックス)

敗者側決勝1本目 みやっち(アイスクライマー) vs シン(フォックス)
敗者側決勝2本目 みやっち(アイスクライマー) vs シン(フォックス)

最終決戦1本目 みやっち(アイスクライマー) vs 9B(アイスクライマー)
最終決戦2本目 みやっち(アイスクライマー) vs 9B(アイスクライマー)
最終決戦3本目 みやっち(アイスクライマー) vs 9B(アイスクライマー)


4位:ながはり
3位:シン
2位:みやっち
1位:9B




台風の接近と共に開催された第3回スマバトX。
幸いにも雨は降らず、風は少々あったものの殆どの参加者が無事に会場に来ることができ、
47名のスマブラ勢による大会は幕を開けた。

荒れることでお馴染みの予選リーグ、今回は8リーグ中4リーグの1位が
中部からの遠征者によって占められた。
毎度のことだが番狂わせも数多く生じていたようだ。

本選トーナメントでは前回と違ったキャラ達も多く上位へと駒を進め、
なかなか見ごたえのある試合も多く、会場を沸かせていた。

激闘を制したのは9B(アイクラ、デデデ)。
アイクラにキャラを変えてから未だに優勝経験はなかったが、遂に今回優勝に輝いた。
歩きながらの様子見、ジャスガや一点読みからの掴みといういつもどおりのスタイルが機能し、
決勝では3回前のスマバトと同じ組み合わせを制すことでリベンジに成功している。
投げ連の安定と切り離し技術の向上を目下課題とし更なる飛躍を遂げたい。

準優勝はみやっち(アイクラ)。
第0.3回スマバトの覇者が今回もその実力を見せ付けた。
普段スマブラをあまりプレイする余裕がない中、前日と当日の調整できっちりと仕上げ、
しっかりとした立ち回りと持ち前の勝負度胸の強さで立ちふさがる相手を投げ殺してきた。
勝者側、敗者側共に9Bとの対戦に敗れてしまったが、今後もこの因縁の対決は続きそうだ。

3位はシン(フォックス固定)。
奈良に引きこもっておりスマバトも今回が初参加だが、
その高い実力は発売当初から認められていた古参のフォックス使い。
図々しいまでのリターン狙いの攻めとセンス溢れる復帰阻止による強力なオフェンスは見ていて面白い。
半面回避等の防御面や対策面に甘さが見られ、これらを克服すれば更に上位を狙えるだろう。
勝者側決勝、敗者側決勝でアイクラと連戦になってしまったのは気の毒というほかない。

4位はながはり(ディディー固定)。
2大会連続4位、最低順位ですらベスト6と安定して好成績を残すディディー使い。
その根幹を支えるよく練られた立ち回りとディディーの性能をフルに活用した華麗な連携はお手本となるだろう。
そして今回ついにシングルバナナ連を成功させている。完走まではできなかったが、可能性は十分に感じさせた。
バナナ連を発展させることによってディディーというキャラのランクを上げることにも期待。


【サブイベント・プレイヤー組み合わせランダムチームトーナメント】


抽選の末の組み合わせ


※トーナメント表はホワイトボードに書いていたのですが、
写真に取り忘れたので掲載できず…お詫び申し上げます。


2位:シン、ペルシャ
1位:9B、いおた



今回のスマバトは本選終了後に時間が余っていたのでサブイベントを行った。
参加者側の希望が最も多かったチーム戦、しかし当日チームを組むのは難しいというのと
サブイベントなので気軽に楽しんでもらいたいということでプレイヤーの組み合わせランダムチーム戦を実施。

44人、22チームが集まりトーナメントを開始。
ルールは即興で決めたため、2本先取、敗者復活なし、チームアタックあり、キャラ被りあり、3スト、10分、
ポートは1P&4Pと2P&3Pからジャンケンで決定、負けたチームがポート、ステージ、キャラを自由選択、
ステージと時間切れの際の勝敗基準に関しては
12月26日に関東で開かれる「メビウス杯」のルールを参考にさせて頂きました。

即興で組んだながらも見事な連携や立ち回りを見せる好プレー、
誤って味方を撃墜してしまったり慣れないステージでギミックにやられてしまう珍プレーなど、
会場の色々なところから歓声や悲鳴が聞こえた。

そんな中で優勝したのは9B、いおたチーム。
デデデ、メタでほぼ全ての試合を進め、1本目を勝利し2本目を取られても
3本目でシャドーモセスを選びデデデという暴力で全てを終わらせてしまったチーム。
メビウス杯本番ではシャドーモセスやオルディン大橋と言った
デデデが猛威を振るうであろうステージを考えさせるチームであった。
いおたは普段チーム戦でよく自滅をしているが、今回ほぼしなかったのも勝因である。

準優勝はシン、ペルシャチーム。
フォックス、トゥーンという構成でシンフォックスの火力と
ペルシャトゥーンのチーム戦とステージをよく理解したバランスの良さで
優勝チームとは異なった正統派の強さで勝ちあがってきたチームだ。
決勝では惜しくも敗れてしまったが、2本目、海賊船でのステージを活かした
立ち回り方は見事であったと言える。



第0.3回スマバトXと上位2人の面子が同じになった第3回スマバトX。
アイクラが、ディディーが猛威を振るう現状を打破するプレイヤーは誰なのか!?
第1回、第2回とは上位の顔ぶれが変わっているのもなかなか面白いところである。
まだまだ結末が予想できないスマバトX、次回の戦いが楽しみだ。


次回のスマバトXは12月4日(土)です。
皆様の参加をお待ちしております。

総評 9B


質問などありましたらこちらまでどうぞ。




[2010.11.08] by 9B@関西スマブラ会