対戦風景

スマブラXバトルロード ライト

スマバトX



本大会は無事終了いたしました。沢山のご参加、ありがとうございました!
過去の大会結果はこちらです。

次回の大会実施日は2012年5月5日(土)です。

参加者一覧

メインイベント:トーナメント表

ライト級

ヘビー級

クリックで100%表示します。

対戦動画まとめ


一覧へのリンクです。

順位

4位:K94
3位:飯島孝治
2位:トリン
1位:ディオ




春休みシーズンと言うことで参加人数は非常に多く、
見学者を含めると140人近い来場者となったスマバトX ライト。

もしかしたら過去の大会でも最大人数を記録したのかもしれない。

今回は初めからクラス分けをしているため予選は無しでスタート。
いきなりのトーナメントに戸惑いも少しあったが、
序盤から配信台を初めとした熱い試合が繰り広げられた。

ライト級では様々なキャラクターが活躍し、フレッシュな盛り上がりを見せた。
ヘビー級は0回戦から決勝レベルの試合が勃発し、緊張感に溢れていた。


大人数のライト級を優勝したのはディオ(スネーク)。

中部の元最強ガノン使いであり、
下馬評からして既に優勝候補の最右翼、
「なぜライト級に居るのか」と数々のプレイヤーに囁かれ、
少なからずプレッシャーもあったであろう中堂々の優勝である。

ガノン使い時代から人並みはずれたずらしのテクニック、
冷静かつ時に大胆な立ち回りで数々のプレイヤーを撃沈し、
一度も敗者側に回ることはなかった。
これからは無差別級でも存分に暴れまわることが期待される。

準優勝はトリン(トゥーンリンク、メタナイト)。

発売初期からトゥーン使いとして有名なプレイヤー。
基本に忠実かつ決めるところはきっちり決めるトゥーンと、
まだ荒削りながらも光るものを見せるメタナイトの2キャラを
使い分け決勝まで駒を進めてきた。
鳥取から大阪へと引越し、これからの伸びは見所とも言える。

3位は飯島孝治(ロボ)。

ぶっちゃけると関東のロボ使いルート氏がまさかの遠征出場。
運営陣もびっくりである。

お世辞にも綺麗とは言えない立ち回りではあるが
ドロドロの泥仕合に持ち込んで相手のペースを乱し、
そして最後に立っているというメンタルの強さを活かした
イケイケのスタイルは独自の世界を築いたとも言える。
有利キャラを確実に仕留めたが最後はメタナイトに止められた。

4位はK94(メタナイト、ファルコ、ピカチュウ)。

大阪のメタを初めとした多キャラ使いがランクイン。
キャラごとの役割分担をはっきりさせることにより、
有利相性を上手く押し付けるという多キャラ使いならではの
素晴らしいキャラ選択を見せ勝ち上がってきた。
ピンポイントで元メインのピカチュウをしっかり機能させているのも
キャラの使い分けという点で他のプレイヤーに一歩先んじている。


ベスト6

ろくとも ゆっけ

ベスト8

へいわ 虎キチ

ベスト12

サギ たけし ぴるきー こと

ベスト16

フェイト さたん むじな ふわ

ベスト24

マータン シグマ うらおもて ΧΧ ぽぽんた ちいたな リアル たいへいた

ベスト32

Lagnel リボーン セルカ やしゃ しみたけ まっちょ ぴっち おれ

ベスト48

セリス siesta エッジ 小松 イヴ がぶそる ワナナ、 ももんが
胡麻麦茶 ハヤト リト あさ 勘左衛門 レイド いとりぬす タコス
    
ベスト64

べるん ワイト びた 瑠璃 つま なこたす ニコバン カメオ
マーカス ぼーすら しぐなす ティズ かみにん たつきち くろむ 自販機
    
ベスト86
ほっしー ルーシア アリシア T2 あらくね giyga POPPY オソブサ
Tantalum カイザー Ornmz ぼんくれ ドル しー 尚 かなまる まいこー
460− かなで あくうだま へむたい なまーた




そしてヘビー級優勝はにえとの(オリマー)。

もはや説明不要の日本トッププレイヤーの1人。
APEX2012では準優勝し、そして今回は
おおとり相手にAPEXでの雪辱を果たし、
続く対かけら戦も制しての優勝である。
芸術とも言える間合い管理を筆頭とした防御技術と
眼力はずば抜けており、彼に勝ち越せる可能性がある
プレイヤーすら世界に何人居るか、というレベルだ。

準優勝はかけら(メタナイト)。

島根が生み出したスマブラモンスターの片割れ。
最近は完全にメタナイトのようだがその強さは誰もが認める。
操作精度の高さもさることながら
一切の甘えと妥協を捨てた安定スタイルは全ての
メタナイト使いの参考となるだろう。

ベスト4にはおおとり(メタナイト)。

かけらと同じくして島根発のスマブラモンスター。
APEX2012を優勝した「今もっともホットなプレイヤー」である。
「静」のかけらメタに対する「動」のおおとりメタ。
強気な攻めと圧倒的な火力で並み居る強豪を倒し、
1回戦では9Bを葬り去って勝ち上がるも、
にえとのにリベンジに遭い惜しくもこの順位に。

もう1人のベスト4はSelcia(メタナイト)。

西でも有数の強さを誇るプレイヤーだが
なかなか準優勝以上に届かない状態が続いている。
しかしながら前回避の使いどころや
対策したキャラに対する鬼の強さなど
確実に上との距離を縮めつつあるため、優勝する日も遠くないだろう。


ベスト8

すいのこ サウザー Cross ながはり

ベスト16

古森霧 ゆのん みさき いそたく 9B あきら くろおび まさし

ベスト28

もょもと がの あばだんご あーす 肝臓 らきゃを OCEAN
さかさか Cステ Aki フィー桜 きぃ

サブイベント・チームトーナメント

対戦表


順位

ベスト4:ディオ & なまーた
ベスト4:さかさか & たいへいた
2位:ゆっけ & あばだんご
1位:かけら & おおとり



時間はギリギリだったもののTAありチームトーナメントを開催。

相方は決まっている場合はそのまま、決まってない場合はランダムで。


時間が足りずかなり巻きでの進行となってご迷惑をおかけし
申しわけございませんでした。

上位へは流石にチームが強いことで有名なプレイヤーが数多く台頭。
メタナイトやワリオの活躍が目立つトーナメントとなった。


優勝したのはかけら & おおとりチーム。
APEX2012でも優勝した兄弟ダブルメタチームの優勝である。
流石に世界を制する実力は流石の一言に尽き、
その標的は関東大会でのまぐろ & みさかチームとなったのではないだろうか。

準優勝はゆっけ & あばだんご。
ワリオワリオという重くてウザくて強いチームがここに来た。
立ち回りでの制空権の握りやすさとワンチャンの屁の強さ、
そして2対1になったときの下投げはもはやイジメ以外の何者でもない。



2大会同時進行ということで若干タイムスケジュールに無理が生じたものの
なんとか無事に終了することができたスマバトX ライト。
これもひとえに参加者の皆様の協力があってこそ、でございます。

なお、今回のライト級のトーナメントで主催側の手違いにより
なこたすさんをはじめとした数名のプレイヤーにご迷惑をおかけたことを
スタッフ一同深くお詫び申し上げるとともに、
よりよい大会作りを目指して行くことを心がけて行きますので
よろしくお願いいたします。


そして次回スマバトXは2012年5月5日(土)開催予定です。
皆様の参加をお待ちしております。

総評 9B

第9回スマバトXの収支報告

参加費合計:61600円
会場費合計:28600円

収支:+33000円

※スマバトでは初期投資費用(およそ10万円)を回収するまでは現行の体制のまま進めていく予定です。
 初期投資費用回収後の+収支は、大会をよりよくしていくための運営費用として使わせていただきます。


お問い合わせ

質問などありましたらこちらのスレッドまでどうぞ。記名は任意です。


[2012.04.04]   by  9B @関西スマブラ会